過食症の場合、「治りたくない」という気持ちももしかしたらあるのかもしれません。

過食をすると外部と接触したくなくなります。
家にとじこもります。私の場合、とじこもってマンガばかり読みふけります。
ぼーっとしてるよりマンガを読んだりゲームをしたりします。

後で気づいたのですが、現実逃避ですね。
食べて後悔して気持ちは落ち込んではいますが
そのことを忘れてマンガを読んでいるときは
なんていうのか・・・落ち着いています。外に出ないからでしょうか。

でもその時には仕事に行きたくない要素などはなかったです。
ということは、やはり私の過去の中にはなにかがあったのかもしれません。

治りたくない=外にでたくない
ということだったのかもしれません。

私はその部分については深く考えないできました。
それでも治りましたが、治ってひとつ実感したことがあります。

今、なにか傷つくような出来事に対面したとき
マンガを読んで現実逃避する自分がいました。

ストレスに強くなったとはいえ
傷つくことを受け止めるということはやはりそれだけの衝撃はあるのだと思います。

今は軽くマンガを読むだけで後はなにもしませんが
当時、過食の時は、過食=現実逃避 という構造になっていたような気がします。

過食症の原因として
現実逃避したいトラウマがあるのかもしれません。

外に出たくない=治りたくない
ということになるのかもしれませんが

トラウマを突き止めず治しても
知らない間にトラウマから立ち直ることができているのではないでしょうか。

しんどい思いをして治すのも方法ですが
「気にしない」という簡単な方法もあります。

過食症を克服した経緯を無料レポートにまとめました。
読みたい方はこちらから。

⇒ http://wordsoto.com/neo/usrctrl.php?mag_id=2

おと