過食を治す時に
「太る、痩せるということを意識することをやめよう」
と決めてそれを実践していきましたが

それは結構な決心が必要でした。
ですので
実践する前の自分に対しての問いかけや確かめに
かなりの時間をかけました。

実は実践よりも
この実践前の自分への問いかけのほうが
大事な部分なのかもしれません。

「食べても気にしない」とは決めたものの
今までの経験から
絶対に気にすると予想されましたので
何度も何度も繰り返し自分に問いかけました。

「気にしないで大丈夫?」
「気にするのはわかっている。でも気にしていたら
今までと一緒なんだ。」
「10年間気にして何も変わらないんだから
気にしたらまた一緒。」
「だからもう気にしない。」

そして気にする自分を想像もし
その時を予想し何度もシュミレーションしました。

今思えばこれはとても重要で必要だったのだと思っています。

この決意、覚悟をした後は
体重計にも乗らず
淡々と切り替えていきました。

気にしないということは
簡単なようでとても困難なことなのかもしれませんが
それは
10年間同じことの繰り返しで何も変わらなかったということが
自分なりの結論としてあり
それならば
10年間してきたことの逆をしようということに至ったのです。

この方法は誰にでも合うものではないのかもしれません。
ただ
私はこれで治し再発も一切していません。

一つの方法として見ていただき
少しでもの参考になればと思っています。


おと