過食というのは自分で作った習慣です。
生まれつき摂食障害の人はいません。

環境や性格をベースに
恐怖、心配、渇望…
いろんなもので自分の心を追い込み

生きることを自分で厳しいものにし
心が不安で不安で
自立することを拒否し
過食に頼っているのかもしれない。

でも
いろんな理由があるにせよ
今過食であること、それはそれでいいじゃない。

自分で作った枠組みに自分をがんじがらめにし
閉じ込め、そこでの少しの不安をいやすための過食。

それは悪いことじゃないと思う。
そうしないと、そこを通らないと
生きていかれなかったのかもしれない。

そんな自分をよくやったねと
ほめてあげることもいいじゃない。

過食であることで自分を追い込まないこと。
まずはそこからなんだと思います。

いろんなことから自分で作った過食という習慣。
習慣は変えられます。絶対に。

すぐには変わらないかもしれない。
でも
恐怖、心配、追い込み…
そして
こうしなくちゃいけない
こうじゃないとだめ
という思い込み。

ひとつづつ自分をまとった殻を剥がしていけば
過食の習慣のない自分
もとの自分が戻ってくる。

戻ってくるんです。

おと