過食というひとつの症状。
食べ物への依存。

その依存が「買い物」であったり
「アルコール」であったり

現れ方は様々でも
なにか共通のことを根本に持っていたりも
するのでしょうか。

また、悩みも様々で
対人関係で悩んだり、子育てで悩んだり、
自分自身の生き方や性格の問題で悩んだり。

それが高じれば
依存症やうつ病や、摂食障害などの
精神的な病に陥ってしまう場合もあります。

そしてその背景に母親との親子関係が根ざしている場合も
少なくないといいます。

そう

「母親との関係のありようが生き難さに繋がっている」
女性も多いのではないでしょうか。

・母親に対する否定的な気持ちへの罪悪感
・母親に理解してもらえない絶望感
・母親に愛してもらえない焦燥感
・母親との関係を確立できない不安感

これらが自分の中にあることで
苦しみ悩む。

絶対的な存在としての母親。
だから苦しむのはいつも娘。
抜け出せない苦しみ。

「娘の母親葛藤の原因は母の側にある。…
しかし権力者である母はそのことを自覚しない。
だから苦しさを感じた娘の側からアクションを起こすしかない。
…娘自身が母との関係の持ちようを変えていくしかない…」

母の存在に重苦しさを感じながらも
そのことを口にできない娘たちを
「いい娘」の呪縛から解放し
自分自身を愛し、自分の人生を楽しむことが出来るように。

母親葛藤の連鎖を断ち切るための
そんなヒントが詰まった一冊です。

 

私は私。母は母。〜あなたを苦しめる母親から自由になる本

今すぐ見るなら…電子書籍Kindle版 ⇒ 私は私。母は母。