ダイエットしている時
人と比較ばかりしていたような気がする。

人の痩せ具合が気になって
知り合いが少しでも痩せてたら
気になって
自分も負けじと痩せてやる
って考えて。

何に対しての負けず嫌いなんだか。

太る痩せるも気になっていたけど
その頃は
他のことでも
何かと比べては負けないようにしていた。

人と比べることがクセになり
比べることが生きていくことだったのかもしれない。

だから
比べて苦しんで悩みも作って
一生懸命楽しんでるようで
何か心に空洞があって

焦りながら
毎日を消化していた。

そんな歪みを
食べるということで埋めていたのかもしれない。

もやもやした
かつ
がらんどうな心。

埋まるはずはなくとも
食べて癒していたのかもしれない。


おと