親に必死に愛されようと
勉強を頑張ったり、優等生であろうとし
親に褒めてもらおうと
親のいうとおりに生きようとして

でも
親の「こどものため」という
自分勝手な考えに振り回され

頑張っても頑張っても愛を実感できず

どんどん
自分はダメな人間だと
自分は価値のない人間だと
追いつめられていって
人が怖い、普通に人と接することができない

自己評価を低くし
自分を責め続け
苦しみながら生きているあなた。

自分を愛することが出来ず
まして人を愛することが出来ずにいるあなた。

あなたが苦しんでいるのは
あなたのせいじゃない。

責めなくてもいい
恨まなくてもいい

責めることはしんどい。
恨むこともしんどい。

しんどい思いはもうしなくていい。

親から愛してもらえなかったとしても
あなたのせいじゃないんだから
辛かった過去は捨てましょう。

捨てていいんです。
思い出さなくていいんです。

そんなもの持たなくていいんです。

あなたは愛される価値のあるあなた。
誰がどう言おうと
あなたはあなたを一番に愛していいんです。


おと