過食症を治す上では
ダイエットはしないほうが絶対にいいと思い
ダイエットは封印した。

封印したというより
ダイエットのことなんか忘れ去るようにした。

私の場合
太る、痩せるにこだわり続けていては
過食は治らないと思ったから。

そして過食が治って何年か経つ今
身体が重いと感じたら
封印していたダイエットも解禁で
たまには試みてみる。

女はやっぱり多少は痩せたいと思うものだなと
今さらながらに思う。

でも極端にはしない。
極端にしてしまう習慣も今はもうないし。

例えば
「1か月に1kg落ちればいいかな」
くらいの軽い気持ちで少しだけ努力してみる。

夜食をちょっと減らしたり
おやつを日によっては止めてみたり。
絶対的な決まりは作らない。

そして普段は意識もしない。
ダイエットのことも考えない。
気が付いたときに少し気を付ける程度。

そうして1か月に1kgペースで
3~5か月に3kg減ってたりする。

体重計にも頻繁に乗らない。
落ちなくても気にしない。

こんなかんじだからダイエットでのストレスもほとんど感じない。

そうして今
意気込んでダイエットしていた意識もなく
少し気を付けだしてから1年が経ったけど
結果的に7kg落ちた。

途中で
健康法として朝ごはんを食べないという方法を取り入れたりしたことも
体重が減った大きな要因だとは思うけど
ダイエットのために朝ごはんを止めたという意識もないから
ストレスはない。
そしてそれも、別に完璧にしたわけではなく
お腹が空いたら食べるしこだわらない。

根本で
過食を完治させることができれば
普通の食欲を取り戻すことができ
こだわらないダイエットで痩せることも出来る。

でも生活の中心にダイエットを持っていかないから
ダイエットに振り回されないんだと思う。

時間はかかるかもしれないけど
普通の食欲は生まれつき持っていたもの。
いつか取り戻し
気軽にダイエットを口にすることが出来る日も来る。

そう、やっぱり
女だからやっぱり痩せれば嬉しいもんだよね。


おと



この記事があなたのお役に立ったならクリックをぜひ♪ ⇒

Twitterでこの記事へのコメントをお寄せくださると幸いです!⇒