私たちは
子どものころから
勉強やスポーツ、顔、姿形…

いろんなことを人と比べることで
確認しながら生きてきたような気がする。

そうして自分ってやつを
自分自身、認識しながらやってきた。

比べるってことが必要な時もあったんだろうし
比べること自体、ばかばかしいこともあったんだろうし。

でも
人って絶対におんなじ人はいないんだから
違って当たり前。

だけど、だからこそ
比べてしまうってことにもなる。

だったら
比べることに振り回されないように生きようと思う。

違って当たり前。
得意なこと、不得意なこともそれぞれ。

何かに劣っていても何かが出来なくても
悲観しないで生きて行こう。

出来ることも出来ないことも
いっぱいある。

自分にしか出来ない事
わからない事も
いっぱいある。

どんなに違っていても
だからといって
自分が人よりだめなんだってことはない。

惑わされることなく
自分を生きていこう。


おと

 



この記事があなたのお役に立ったならクリックをぜひ♪ ⇒

Twitterでこの記事へのコメントをお寄せくださると幸いです!⇒